SynologyのNASをmackerelから監視する

うちではSynologyの1ベイNAS、Diskstation DS120jを使っています。このNASはLinuxサーバのバックアップなどをしている大事なものなので、止まってもらっては困ります。

先日も、気が付くとコンセントが抜かれていて(子供のしわざ)止まっていました。ほかにも瞬停で止まることもあるので、mackerelで監視することにします。

DS120jはARMのLinuxで動いているらしく、それ用のバイナリを入れることになります。

まず、以下のURLから最新版のバイナリのURLを確認します。

Releases · mackerelio/mackerel-agent (github.com)

この中の、「mackerel-agent_linux_arm.tar.gz」をダウンロードします。執筆時の最新版は0.72.11でした。

curl -LO https://github.com/mackerelio/mackerel-agent/releases/download/v0.72.11/mackerel-agent_linux_arm.tar.gz

みたいにダウンロード。ダウンロードしたら展開します。

tar xvzf mackerel-agent_linux_arm.tar.gz

展開してできたディレクトリに移動して、設定ファイルの中のAPIキーを設定します。

cd mackerel-agent_linux_arm

vi mackerel-agent.conf

apikey = “あなたのAPIキーをここに入れます”

ひとまずこれで動作はするはず。mackerel-agentを起動します。

sudo ./mackerel-agent –conf=./mackerel-agent.conf

これでDS120jをMackerelの監視対象に追加できました。自動起動とかロギングは、今後考えることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。